読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

絵本 ふくざわゆみこさんの「もりのホテル」を紹介。お客様のすてきな時間。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2015年発行、ふくざわゆみこさん作の「もりのホテル」です。

f:id:ziibo:20170429084559j:plain

あらすじ

 森の中の大きな木に1けんのホテルがあります。ここはあらいぐまいっかの森のホテルです。あらいぐまはきれいずき。なのでホテルはいつもぴっかぴか。ホテルじまんの花だんはおかあさんがそだてたものです。コックのおとうさんはまいあさ森のおくへりょうりのざいりょうをとりに出かけます。このホテルのしはいにんはおじいちゃん。まごのマロンもおてつだいをしています。きょうさいしょのおきゃくさまはへびさん、つぎは大きなくまさん、そのつぎはふくろうさん。つぎつぎとやってくるおきゃくさまのきぼうにこたえてへやへあんないしていきます。ところが、こんどはたびのことりのコーラスたいがやってきます。みんなで20ぱいますが、ホテルには20もベッドがありません。どうやって足りないベッドをよういしよう?おじいちゃんにもよいかんがえがうかびません。そのときマロンはいいかんがえをおもいつきます。そのかんがえとは?

 ジーボ好みの色あざやかでかわいい感じの絵です。大きな1本の木がホテルになっている。そんなホテルがあったら是非止まってみたいと思いました。普段とは違う空間でのんびり過ごすにはうってつけのホテルではないでしょうか?中にはせっかく旅行に来たのだからあちこち回らないと気が済まない。という方にはこのホテルはちょっと向いていないかもしれませんね。いやいや、お話には書かれていませんが、ひょっとしたらそんなお客様の為にも何か考えられているかもしてません。なにしろここはお客様にすてきな時間をご用意しているホテルなのですから。

 では、またの機会にお会いしましょう。

絵本 元永定正さんの「あみだだだ」と丸山誠司さんの「エスカレーターいかがですかレーター」を紹介。あみだとだじゃれを楽しもう

 皆さんこんにちは。ジーボです。ちょっと体調を崩して3日更新を休みました。まだ万全ではありませんがかける範囲で書いていこうと思います。さて、今回のお話は2014年発行、谷川俊太郎さん文、元永定正さん絵、中辻悦子さん構成の「あみだだだ」です。この絵本はストーリー性のないタイプのものです。

f:id:ziibo:20170428221529j:plain

 各ページにあみだが描かれていて、それに谷川さんの文が詩のように書かれています。あみだと文の響きを楽しむといった感じでしょうか。この本のあとがきによると本の企画中に元永さんが亡くなられた様です(これはジーボの想像です)。「あみだだだ」の原画とともに残されていたメモと原画から谷川さんが文をつけたと書かれていました。元永さんの作品の中にはときどきあみだが出てくるそうです。おみだに対して何か思い入れがあったのでしょうね。

 このブログを始めてから絵本のあとがきや作家さんのプロフィールなどを読むことが多くなりました。それはブログに書くためですが、あとがきやプロフィールには作家さんの気持ち、思いが、書かれているものも多く、あとがきやプロフィール読んだ後絵本を見返してみると、それまでと違った感じを受けることもあります。皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

 続いてのお話は丸山誠司さん作、2014年発行の「エスカレーターいかがですかレーター」です。

f:id:ziibo:20170428222004j:plain

 このお話も特にストーリー性はあまりなく言葉遊びの本といった感じです。エスカレーターを植物に見立てて水を与えると育っていくエスカレーター。ぐんぐんぐんぐん育っていって空高くまでいくと、ジグザグになったり、ジェットコースターのようにぐるぐるまわったり、海の中まで入って、くねくね竜のように曲がってついたところはエスカレーターの球根売り場。球根を買ってかえります。言葉の最後に必ずですカレーターとついてダジャレのようです。

 そういえばジーボの時代にはエスカレーターがまるで遊園地の乗り物のように感じました。お子さんにとってはエスカレーターがずっと空高くまであったら楽しいのでしょうね。

 では、またの機会にお会いしましょう。

絵本 肥田美代子さんの「もりの本やさん」を紹介。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2015年発行、肥田美代子さん文、小泉るみ子さん絵の「森の本やさん」です。肥田さんは参議院議員衆議院議員を歴任し、子供の読書推進活動に尽力した方です。小泉さんは画家で「小泉るみ子四季の絵本」などを描かれています。

f:id:ziibo:20170425062348j:plain

あらすじ

 森のおくに小さな本やさんがありました。ごしゅじんのくまじいさんは本のことならなんでもよくしっていました。森のどうぶつたちはみんな くまの本やさんが大すきです。赤ちゃんをおんぶした、りすのおかあさんがよなきをするあかちゃんをしんぱいして くまじいさんにそうだんにやってきます。くまじいさんは「すくすく子そだて」という本をすすめます。きつねのあにきはこころがあったかーくなるような本をさがしにきました。くまじいさんは「あなたをすきになってもいいですか」という本をえらんであげます。おひるにはさるの子どもたちがやってきて、くまじいさんにえほんをよんでもらいます。よるにはふくろうさんがやってきてうーんとむずかしい本がないかききます。くまじいさんはちょっとかんがえてから「うちゅうはかせのてつがくじてん」という本をしょうかいしました。どうぶつたちはくまの本やさんにやってきてはいろんな本をさがしたり、よんだ本のことをみんなで はなしあったり、たのしいじかんをすごしていました。そんなある夜、大きなあらしが森をおそいました。くまじいさんはあらしのなかでも本やさんをはなれず、たなからおちてくる本におおいかぶさってひっしにまもろうとしました。そしてつぎの日のあさ、どうぶつたちが本やさんへいってみると…

 森の動物たちやくまじいさんの本に対する愛情を感じさせます。それはつまり作者の本への愛情なのだと思います。本が助けてくれる。本が励ましてくれる。本が学ばせてくれる。本にはすばらしいことがたくさんありますよ。みんな本を楽しみましょうと言っているようです。

 では、またの機会にお会いしましょう。

絵本 バレリー・ゴルバチョフさんの「すてきなあまやどり」を紹介。ずぶ濡れのブタさん。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2003年発行、バレリー・ゴルバチョフさん作、なかがわちひろさん訳の「すてきなあまやどり」です。

f:id:ziibo:20170424054115j:plain

あらすじ

 ずぶぬれになったブタさんがともだちのヤギさんのいえにはしってきます。ヤギさんのいえにたどりついたとき、ヤギさんはブタさんにずぶぬれになったわけをたずねます。ブタさんは木の下であまやどりをしたことをはなします。それならなぜぬれたのでしょう?ブタさんがあまやどりをしている木にちょこまかネズミがあまやどりをさせてと入ってきたといいます。そこへハリネズミが2ひき、それにバッファローが3びき、そのあとからひょうが4ひき、そのまたあとからライオンが5ひき、またまたあとからゴリラが6ぴき、それからワニが7ひき、そのあとカバが8ぴき、つぎにサイが9ひき、さいごにゾウが10ぴきやってきて、おなじ木であまやどりをしていたことをヤギさんに はなします。ヤギさんはみんなおなじ木の下にいてブタさんがおし出されたのだとおもいました。けれどもブタさんはとっても大きな木だったのでみんなであまやどりできたといいます。ではどうしてブタさんはびしょねれになってしまったのでしょうか?

 ほとんどの方はヤギさんと同じように押し出されて濡れたと思うことでしょう。ジーボもそう思いました。あるいはブタさんが本当のことを言いたくなくて、お話を作ったのかとも思いました。でも、もっと絵本らしいすてきな理由でした。それがどういうことかはこの本を読んでいただければわかります。ヒントはブタさんの体験はめったにないことだということです。めったにない体験をした時、皆さんはどうされますか?皆さんの中にも同じような体験をされた方がいらっしゃるかもしれません。

 では、またの機会にお会いしましょう。

絵本 つちだのぶこさんの「やまのやまびこ」を紹介。やっほーやっほーやっほっほー

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2002年発行、つちだのぶこさん作、「やまのやまびこ」です。

f:id:ziibo:20170423052949j:plain

あらすじ

 てんてん森のどうぶつたちはいつもおだんご山に「やっほー」とこえをかけます。それはおだんご山からやまびこがかえってくるからです。じつはこのおだんご山のやまびこは山のかみさま「やまびこ」がいっていました。「やまびこ」はまいあさ、たいそうをして、あさごはんをたべて、そのあとははっせいれんしゅうをします。それからよーくうがいをしてやまびこのじゅんびがかんりょうします。

 ある日、いのししようちえんのこどもたちがえんそくにやってきて、みんなでおだんご山にむかって「やっほー、やっほー、やっほっほー」と大はしゃぎ。これには「やまびこ」は大あわて。でもこんなときはせなかのひもをひっぱると「やっほー」と10かいおしゃべりするやまびこにんぎょうが大かつやく。そして日がくれるころ、一日のしごたがおわりました。でも「やまびこ」はふまんがお。それはまい日まい日「やっほー」ばっかりでちょっとあきてきているからでした。

 つぎの日いつものようにきつねがおだんご山にむかって「やっほー」とこえをかけました。けれどもおだんご山からやまびこはきこえません。なんどやってもやまびこはかえってきません。しんぱいになったきつねはいそいで森のどうぶつたちをあつめます。どうぶつたちも「やっほー、やっほー、やっほー」けれどもやっぱりへんじはありません。ひとりが「おーいおだんご山やーい」とこえをかけました。すると…

 やまびびこを返している神様がいるという発想がとても面白いですね。この「やまびこ」さんはあまり神様らしくなくてとてもシャイな性格に描かれています。後半には「やまびこ」さんとどうぶつたちとのふれあいについても書かれています。そのふれあいも心温まる感じに描かれています。この本を読んだあとでお子さんに「今度山へ行ったら何て言いたい?」などときいてみるのもたのしいと思います。

 では、またの機会にお会いしましょう。

絵本 くすのきしげのりさんの「おこだでませんように」を紹介。短冊に込めた思い。

 

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2008年発行、くすのきしげのりさん作、石井聖岳さん絵の「おこだでませんように」です。

f:id:ziibo:20170422063826j:plain

あらすじ

 ぼくはいつもおこられる。学校でもいえでも。おかあちゃんはときどきしごとでかえりがおそい。そんなときぼくはいもうととあそんでやる。そういうときにかぎっていもうとはわがままをいう。ぼくがおこるとおかあちゃんがかえってくるまでないている。そしてかならずおこられる。ぼくはいいたいことがあるけれどいわずにだまってよこをむく。いえばもっとおこられるにきまっているからだ。

 学校でもよくおこられる。やすみじかんにマーくんとターくんがなかまに入れてくれへんかった。なんでかきいたらルールをしらんし、らんぼうやからといわれた。ぼくはマーくんにキックして、ターくんにパンチしたらすぐに二人はなきだした。先生がやってきてぼくだけがおこられた。ぼくはいいたいことがあるけれどいわずにだまってよこをむく。いえばもっとおこられるにきまっているからだ。

 きのうもきょうもおこられた。あしたもおこられるやろ。ほんとは「ええ子やねぇ」っていわれたい。おかあちゃんも先生もぼくを見るときはいつもおこったかおや。

 7月7日、ぼくらはたなばたさまのおねがいをたんざくにかいた。一ばんのおねがいをひらがなひとつずつこころをこめてかいた「おこだでませんように」かきおわったのはいつものようにぼくがさいごだった。またおこられる。そうおもってたんざくを先生にわたした。すると…

 あとがきによればくすのきさんは「おこだでませんように」と書かれたたんざくを見て涙が出そうになったそうです。「この子が楽しいと思ってしたことや良いと思ってしたことが、やりすぎてしまったり、その場にそぐわなかってり、大人の都合に合わないからと結果として怒られてしまう。でもこの子はだれよりも良くわかっているのです。自分は怒られてばかりだということを。そして自分が怒られるようなことをしなければきっとお母さんも先生もほめてくれるし、仲間に入れてくれる友達がいることを。そんな思いを持ちながら、お母さんや先生、友達に言うのではなく、一文字、一文字、懸命に書いた短冊はまさに天に向けての祈りだったのです。」と書いています。

 皆さんにも思い当たることがあるのではないでしょうか?ジーボにはあります。自分の都合で怒ったり、注意したことが。子ども自身にも言い分があることをちゃんと考えてやって行動すべきだなと感じました。どうしてそうなってしまったのか?なぜそうしたのか?をしっかりと聞いてあげることが大事だと思いました。これからは頭ごなしに怒ることなく、なぜそうなったのかを聞いてからきちんと説明してあげるようにしたいと思います。

 では、またの機会にお会いしましょう。

OpenOfficeのダウンロードしたテンプレートの使い方がわからなかったので手順をまとめてみた。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回はOpenOfficeのテンプレートについてです。原稿用紙のテンプレートを使いたくてダウンロードしたのですが、使い方が分からず四苦八苦しました。Webを探し回って何とか使えるようになったのですが、Webにある説明が分かりにくいものだったので自分なりにわかりやすい手順を書いておくことにしました。

OpenOfficeのインストールのやり直し

 テンプレートはwebからダウンロードしたのですが、zip形式のファイルになっていました。解凍してみると多数のXMLファイルがあってどれがテンプレートなのかわかりませんでした。(後でわかったのですが、圧縮ファイルは解凍してはいけなかったようです。)OpenOfficeのテンプレートには形式が大きく分けて2種類あります。一つはドキュメントテンプレートの形式でもうひとつはzip形式(圧縮ファイル)のものです。

 今回はzip形式のものについて手順を示します。zip形式のファイルを解凍した時に多数のXMLファイルがあると言いました。このXMLファイルを処理できるようにするためにはOpenOfficeをカスタムインストールする必要があります。なので既にデフォルトでインストールされた方は一旦アンインストールしてから以下の手順でインストールしなおして下さい。

 では、インストール手順です。

インストーラーファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動してください。

f:id:ziibo:20170421002107j:plain

次へをクリック

f:id:ziibo:20170421002317j:plain

インストール先を選んでインストールをクリックしてしばらくすると

以下のウィザードが表示されます。

f:id:ziibo:20170421002419j:plain

次へをクリック

f:id:ziibo:20170421002559j:plain

上記情報を入力して次へをクリック

f:id:ziibo:20170421002647j:plain

カスタムを選択して次へをクリック

f:id:ziibo:20170421002724j:plain

上記画面でXSLTサンプルフィルタの▼をクリックします。

f:id:ziibo:20170421002829j:plain

上記の表示になるので「この機能およびすべてのサブ機能はローカルハードドライブにインストールされます」を選択します。

f:id:ziibo:20170421003152j:plain

次へをクリックします。

f:id:ziibo:20170421003221j:plain

任意に選択して次へをクリックします。

f:id:ziibo:20170421003306j:plain

任意に選択してインストールをクリックします。

以下の画面が出るまで待ちます。

f:id:ziibo:20170421003338j:plain

完了をクリックしてインストールは終了です。

テンプレートをインポートする

次にテンプレートのインポート手順を示します。

f:id:ziibo:20170421003519j:plain

OpenOfficeを起動し、テンプレートをクリックします。

f:id:ziibo:20170421003610j:plain

「ほかのテンプレートをオンラインで取得」をクリックするとブラウザが起動されてダウンロードのページを表示してくれます。そこから必要なテンプレートをダウンロードしてください。ダウンロードページの画像は省略します。以下はダウンロード後の手順になります。

f:id:ziibo:20170421003822j:plain

ダウンロードが終わったら管理をクリックします。

f:id:ziibo:20170421003905j:plain

自分のテンプレートを選択します。

f:id:ziibo:20170421003942j:plain

コマンドをクリックし、テンプレートのインポートを選択します。

f:id:ziibo:20170421004026j:plain

ダウンロードした圧縮ファイルが見えるようにする為にすべてのファイルに変更します。次にテンプレートの圧縮ファイルを選んで開くをクリックします。

f:id:ziibo:20170421004201j:plain

自分のテンプレートのところにインポートできました!!。

閉じるを押して一つ前の画面に戻ります。

f:id:ziibo:20170421004404j:plain

テンプレート(B)を選んでテンプレートファイルを選択、開くをクリックでテンプレートが使えるようになります。

注意:テンプレート(B)を選んでもテンプレートファイルが表示されない場合があります。その場合は一旦マイドキュメント(C)などを一旦選んでからテンプレート(B)を選びなおすと表示されるようになります。

 では、またの機会にお会いしましょう。