読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

絵本 いわいとしおさんの「ちか100かいだてのいえ」を紹介。パーティーにでかけよう。

 皆さんこんにちは。ジーボです。暖かくなったと思ったら、また寒くなったりとなかなか訪れないですねぇ春は。待ち遠しいです。

 さて、今回のお話はいわいとしおさん作「ちか100かいだてのいえ」です。2009年に発行されており、100かいだてシリーズとして3冊が販売されているうちの1冊です。

 いわいとしおさんは絵本作家でありますが、メディアアーティストの肩書も持っており、NHK Eテレの「いないいないばぁっ!」のオープニングアニメーションを手掛けるなど多方面で活躍されている方です。

f:id:ziibo:20170321061443j:plain

あらすじ

 クウちゃんという女の子がある日おふろに入っているときにだれかから、ちか100かいであるパーティにさそわれます。クウちゃんはパーティにさんかすることにきめて、ちか100かいをめざします。

 10かいごとにうさぎやアライグマといった、ちがうどうぶつがすんでいてクウちゃんはいろいろなどうぶつとふれあいながらどんどんとおりていきます。そしてとうとうちか100かいにたどりつきますが、そこでまっていたのは?

 この本は縦に開いて上から下へと読み進めていくという一風変わった絵本になっています。見開き2ページで各10階をカラフルな色で描いており、1階毎に楽しい絵が並んでいます。

 うちの子は数字が好きだった為、1,2,3と増えていく階数をいっしょに数えたり、次のページは何階からはじまるかな?動物は何が出てくるかな?と聞きながら楽しんで読んでいました。

 絵本を読みながら数字への関心を持たせることができるとても良い本だと思います。皆さんもいかがでしょうか?

 では、また次の機会にお会いしましょう。