読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

絵本 島田ゆかさんの「バムとケロのおかいもの」を紹介。ゆかいなとびらを開けてみよう。

 皆さんこんにちは。ジーボです。ジーボは最近朝4時から5時半の間で起きます。年のせいか朝早く目が覚めてしまうんですよね。もっとも夜も23時には寝てしまうのでそんなものでしょうか。起きて部屋の中でできる軽い運動をして体をほぐします。皆さんは何か運動をしていますか?

 さて、今回のお話は1999年島田ゆかさん作の「バムとケロのおかいもの」です。犬のバムとカエルのケロちゃんの生活を描いた人気シリーズの1冊です。このシリーズは1作毎に違った曜日の出来事を書いているところが特徴となっています。

f:id:ziibo:20170323062149j:plain

あらすじ

 いっしゅうかんのまんなかのすいようび、いつもはあさねぼうのケロちゃんがはやおきします。それはつきにいちどのおかいものの日だから。ともだちのかいちゃんといっしょにいちばへでかけます。にぎやかないちばにはいろいろなおみせがいっぱいならんでいます。

 その中でケロちゃんは「ゆかいなとびら」というおみせに入ります。おみせにはかわったかたちのとびらがいっぱいあって、すきなとびらをえらべるのですが、ケロちゃんは6コもあけてたのしみます。もっとやりたかったケロちゃんでしたが、きりがないからとやめさせられました。

 さいごに大すきなこっとうやさんで、気に入ったものを一つずつかってかえることになります。ケロちゃんがえらんだものとは?

 この本は絵が色彩豊かで見るだけでも楽しめます。絵の中には文では書かれていない様子もたくさん描かれていますのでお子さんといっしょにおもしろいところを探しながら楽しむこともできます。このバムとケロのシリーズを全て読んだ訳ではないのですが、読んだ中ではうちの子が一番気に入ったお話です。まだご覧になっていない方は是非一度読んでみて下さい。

 では、また次の機会にお会いしましょう。