ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

人気絵本作家のぶみさんの「しんかんくんのパンやさん」を紹介。TV出演時のエピソードも。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2008年のぶみさん作の「しんかんくんのパンやさん」です。

 のぶみさんは今売れっ子の絵本作家ですね。2月18日に日本テレビの「嵐にしやがれ」の1コーナーに出演されていました。放送では18歳の時に好きな女の子の気を引きたくて絵本を書き始めたというエピソードが紹介されていました。(その女の子は奥さんだそうです。)この話の中で2ヶ月間も新作を書き続けたと言っていました。どうしてそんなにアイデアが沢山出てくるのか不思議です。本当にすごいです。

 のぶみさん作の絵本はこれが初めてですが、他の本も読みたくなりました。特に番組で少しだけ紹介されていた「ママがおばけになっちゃった」はとても興味がわきました。のぶみさんは絵本の他にもNHK Eテレおかあさんといっしょ」で「ぼくのともだち」のアニメーション、「おしりフリフリ」、「おっとっとのオットセイ」などで作詞やイラストも担当しているということです。

 さて、今回のお話はしんかんくんシリーズの第三弾です。

f:id:ziibo:20170327061721j:plain

あらすじ

 しんかんくんはかんたろうとパンがつくれるのがうれしくてしかたありません。ようちえんにつくとざいりょうがどっさり。しんかんくんはそのざいりょうでパンのかたちをつくろうとするのですが、しんかんくんのしゃりんではなかなかうまくいきません。とうとうしんかんくんはなきだしてしまいました。

 けれどもかんたろうがてつだってくれて、かっこいいしんかんくんパンができあがりました。ようちえんのみんなもしんかんくんパンをつくりました。できたパンをやいているあいだにかんたろうやようちえんのみんながなにかつくりはじめます。そしてできあがったものとは?

 しんかんくんのいちばんのともだちのかんたろうはのぶみさんのお子さんのなまえではないでしょうか?前述のTVで家族の紹介があったのですが、同じ名前でした。ひょっとしたらお子さんに読んであげるためにお話を作ったのかもしれませんね。

 では、また次の機会にお会いしましょう。