読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

絵本 ダニエル・カークさんの「としょかんねずみ」を紹介。本が大好きなねずみのお話。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2007年、ダニエル・カークさん作、わたなべてつたさん訳の「としょかんねずみ」です。この本はシリーズ化されていて今回は一番最初のお話です。

f:id:ziibo:20170405064255j:plain

あらすじ

 としょかんにすむねずみのサムはよるになってみんながうちにかえり、しずかになると、まいばんおもうぞんぶん本をよみました。えほん、ものがたり、でんきなどいろいろな本をよみました。

 あるばんサムはじぶんで本をかいてみることにしました。さくぶんの本には「あなたのよくしっていることをかきましょう」とかいてあったことから、ねずみのせいかつについてかき、かがみにむかってポーズをとり、えもかきました。こうしてできあがった本のひょうしに「ちゅてきなねずみのまいにち」とだいをつけ、下に文とえ、サムとかいてでんきコーナーの本だなにおきました。本はとしょかんの人たちによまれ、こうひょうでした。つぎに「さびしがりやのチーズくん」というえほん、そのつぎに「ねずみやしきのミステリー」というミステリーをかきました。それぞれ本は大こうひょうで本をよんだ人たちはサムがいったいだれなのかしりたくなりました。

 そこでとしょかんちょうがだいひょうで、としょかんへしょうたいするてがみをけいじばんにはります。としょかんちょうからのてがみをよんでよろこぶサムでしたが、サムはねずみなのでにんげんにあうのがこわいとおもっていました。どうしようかかんがえたサムはいいことをおもいつきます。サムはひとばんじゅうかかって文字をかいたり、かみをおったり、ハサミできったりして、小さな本をなんさつもつくります。そしてあさ、としょかんのドアには小さなかみがはってありました。そこには…

 この本の絵を見ていると本を読む楽しさや文章を書く楽しさを感じることができます。自分でも何か書いてみたくなるような楽しい絵本で、シリーズ化されているのもうなずけます。今回このシリーズを初めて読みましたが、続けて読んでみたいと思いました。

 では、また次の機会にお会いしましょう。