ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

絵本 ヘレン・クーパーさんの「かぼちゃスープ」を紹介。となりの芝生は良く見える。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話はヘレン・クーパーさん作、せなあいこさん訳の「かぼちゃスープ」です。日本では2002年に発行されていますが、原本は1998年に発行されています。また、この本は1999年にケイト・グリーナウェイ賞を受賞しています。この賞はイギリスで出版された絵本の中からその年最も優れた作品の画家に贈られる賞です。賞の名まえは今でも世界中で愛されている挿し絵画家のケイト・グリーナウェイにちなんでつけられています。

f:id:ziibo:20170408060634j:plain

あらすじ

 森の中のふるぼけた白いいえ。そこには、ネコとリスとアヒルがすんでいました。せかいいちおいしいカボチャスープは、ネコがきりわけ、リスがかきまぜ、アヒルがしおであじをつけます。スープをのんだらえんそうかいです。バグパイプをふくネコとバンジョーをひくリスと、うたをうたうアヒル。それからみんなでふとんをつくります。ネコがぬいあげ、リスがもようをつけて、しあげにアヒルがはねをつめます。できあがったふとんでいっしょにベットでねむります。このいえでは、やくめがちゃんときまっていてけんかなんかおこらないはずでした。

 ところがあるあさ、アヒルが「ぼくがスープをかきまぜる!」といい出しました。これにはネコもリスも大はんたい。ひとそうどうおこります。とうとうアヒルは、にもつをまとめて出ていってしまいます。あさごはんにも、ひるごはんにももどらず、とうとうゆうがたになります。スープのじかんなのにアヒルがいない。それでも2ひきはスープをつくります。けれどもちっともおいしくありません。しおのりょうがおおすぎて、しょっぱいスープになってしまいます。

 2ひきはアヒルをさがしにいくことにします。森の中をあっち、こっちとさがしますが、見つかりません。あきらめていえにかえるとあかりが!?

 賞を取っているだけあって絵には色々な工夫がされています。スープ作りの役割を1頁でまとめて表現したり、けんかの部分は4コママンガのように表現したり、アヒルが帰ってくるのを待っている様子も1頁でまとめて書いています。またアヒルを探して森へ行った時に、途中であれこれ妄想する時の表現は、日本のマンガ的で絵だけでも楽しめるようになっています。お話と絵の絶妙なハーモニーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 では、また次の機会にお会いしましょう。