ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

絵本 バレリー・ゴルバチョフさんの「すてきなあまやどり」を紹介。ずぶ濡れのブタさん。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2003年発行、バレリー・ゴルバチョフさん作、なかがわちひろさん訳の「すてきなあまやどり」です。

f:id:ziibo:20170424054115j:plain

あらすじ

 ずぶぬれになったブタさんがともだちのヤギさんのいえにはしってきます。ヤギさんのいえにたどりついたとき、ヤギさんはブタさんにずぶぬれになったわけをたずねます。ブタさんは木の下であまやどりをしたことをはなします。それならなぜぬれたのでしょう?ブタさんがあまやどりをしている木にちょこまかネズミがあまやどりをさせてと入ってきたといいます。そこへハリネズミが2ひき、それにバッファローが3びき、そのあとからひょうが4ひき、そのまたあとからライオンが5ひき、またまたあとからゴリラが6ぴき、それからワニが7ひき、そのあとカバが8ぴき、つぎにサイが9ひき、さいごにゾウが10ぴきやってきて、おなじ木であまやどりをしていたことをヤギさんに はなします。ヤギさんはみんなおなじ木の下にいてブタさんがおし出されたのだとおもいました。けれどもブタさんはとっても大きな木だったのでみんなであまやどりできたといいます。ではどうしてブタさんはびしょねれになってしまったのでしょうか?

 ほとんどの方はヤギさんと同じように押し出されて濡れたと思うことでしょう。ジーボもそう思いました。あるいはブタさんが本当のことを言いたくなくて、お話を作ったのかとも思いました。でも、もっと絵本らしいすてきな理由でした。それがどういうことかはこの本を読んでいただければわかります。ヒントはブタさんの体験はめったにないことだということです。めったにない体験をした時、皆さんはどうされますか?皆さんの中にも同じような体験をされた方がいらっしゃるかもしれません。

 では、またの機会にお会いしましょう。