ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

絵本 日本昔話 「おむすびころりん」を紹介。面白がりのおじいさん。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2004年発行、香山美子さん文、高見八重子さん絵の「おむすびころりん」です。

f:id:ziibo:20170609063723j:plain

あらすじ

 やまへじごとのおじいさん、おむすびもって、てぬぐいもって、ぞうりをはいて出かけます。やまでおひるのおじいさん、おむすびをたべようと口をあけたら、そばのあなからうたがきこえてきた。おむすびころりんすっとんとん。おじいさんはおもしろがっておむすびをあなにおとします。もうひとつのおむすびをたべようとするとまた、おむすびころりんすっとんとん。おじいさんはまたおむすびをあなの中へおとします。これはどうかとてぬぐいをみせるとまた、あなからてぬぐいころりんすっとんとんとうたがきこえてきます。おじいさんはまたまたてぬぐいもあなにおとします。おじいさんはおもしろがってぞうりはどうかと ぞうりをぬいだら、ぞうりころりんすっとんとんとうたがきこえてきます。おじいさんはぞうりもあなの中へおとします。おじいさんはおもしろがってもっとなにかないかとかんがえました。そしておじいさんがあなをのぞくと、じいさまころりんすっとんとんとうたがきこえ、おじいさんはあなの中へ。ついたところはねずみのくに。ねずみたちはよろこんで ごちそうしたり、おどったりしておむすび、てぬぐい、ぞうりのおれいをいいます。そしておじいさんはいえにかえるとねずみからもらったおみやげをあけてみました。するときんぎん たからが出てきました。それをじっと見ていたとなりのおじいさんはさっそくやまへでかけていき、おむすび、てぬぐい、ぞうりをわざところがし、じぶんもころがって、じいさまころりんすっとんとんと じぶんでうたってあなの中へはいります。そして…

 この本はお話というより調子の良い歌のような文で全編書かれています。普通の「おむすびころりん」に比べて楽しくテンポよく読み進んでいけることでしょう。ただテンポを重視したせいで一部で意味の通じない感じがするところがありました。おじいさんが誤っておむすびを落としたのか、うたをおもしろがって穴におむすびを落としたのかがよくわかりませんでした。「おむすびころりん」のお話を知らずに読んだ方は(そのような人は少ないでしょうが)意味が分からず戸惑うかもしれないと思いました。

 では、またの機会にお会いしましょう。