ジーボのブログ

このブログはおもにジーボが読んできた絵本について紹介するものです。

銭湯のマナーについて気になっていたこと

 皆さんこんにちは。ジーボです。皆さんはスーパー銭湯へ行かれますか?先日ジーボはとあるスーパー銭湯へ行ってきました。その時思い出したのですが、以前うちの子が学校の合宿でお風呂に入った時、湯船に入る前に体を洗わず、かけ湯のみで入ろうとしたところ、マナー違反だと、仲間や先生に指摘された。親としてどうして教えておいてくれなかったのか?と責められました。我が家ではかけ湯のみで入って、出てから体を洗う習慣だったので、それが普通だと思っていました。

 ジーボの実家も奥さんの実家も同じだったので何故マナー違反だと言われてしまうのか疑問に思いました。他の入浴者の為に湯船のお湯をなるべく汚さないためだとは思いますが、わざわざきれいに体を洗ってまで入る必要があるんでしょうか?いくらきれいに洗っても完全に清潔になる訳ではないのだから、そこまでしなくてもと当時は思っていました。とはいえ、それで不快に思う人がいるのならばマナーとして家庭ではともかく、外では体を洗ってから湯船に入るように切り替えました。

 とは言っても少し不満はあります。湯船に入って汗をかいてから体を洗ったほうが格段にきれいに洗えた感があるのです。なので一旦体を洗って湯船に浸かってそれからまた体を洗うという非効率的なことをしなければいけなくなるのが、不満です。

 なのでWebで銭湯のマナーについて調べてみたところ、かけ湯についての解釈が東日本と西日本で異なることが分かりました。東日本ではかけ湯というと体をきれいに洗うことを意味します。一方西日本では文字通り、我が家のようにお湯を体にかけるだけの意味しかないようです。つまり、我が家は西日本側での入り方をしているだけでマナー違反ではなかったということです。(まあ東日本側へ行けばマナー違反なんですけど・・・)そう言えば先日のスーパー銭湯は西日本側だったのでかけ湯のみで入っていた人ばかりだったような気がします。今度からは地域に合わせた入り方に変えていきたいと思います。

 では、またの機会にお会いしましょう。